病気がちな日常を過ごしていた私が立ち直りましたが、働きだした職場の急な業務の配置転換によって、抱えたストレスからヘルペスの症状に見舞われた入院の体験を話します。

私は病気がちな幼少期を過ごして、10代の頃を周囲の子と同じように過ごすことが叶わず、青春時代が日々が過ぎていきました。

病気がちながらも先生方のご配慮も含めて中学校は卒業できましたが、高校に通えないまま数年が過ぎていきました。

20代になった頃にようやく、病気がちな日常から脱出できたことをきっかけに自分の意思で夜間の定時制の高校に通いだしました。

最初は両親も心配そうでしたが、定時制とはいえ20代の前半で高校生をしている人は数名のみであり、目立つ存在でした。

高校に通っているころにアルバイトの経験もしてみようと思い、ハローワークに出かけて仕事先を見つけていただきました。

卒業の頃にアルバイトは辞めるつもりでしたが居心地がよくそのまま化粧品メーカーにお世話になりました。

最初の1年位のみは品出し業務を任せられていましたが、2年目に入る頃から上位に呼び出されて、ピッキングの作業に回されてしまいました。

それが1日中の間で立ちっぱなしの状態が1ヶ月ほど続く頃には、腰を痛めてしまい、責任感が強く耐えてしまったことで過剰なストレスを抱えることになってしまいました。

睡眠が安定せずに会社を休みがちになって病院へ出かけたときに最終的に皮膚科を受診することになって、ヘルペスだと診断を受けました。

痛みはあまり気にしていませんでしたが、足の先や太ももの辺りに発疹が多く部分や顔の発疹が少し出ていました。

さらに少しの涙が出やすく発熱も症状が指摘され、これらのた部分がヘルペスの証拠だと説明してくれました。

他の部分に感染する可能性や短期間で治療したいため、入院して治す方法を選択しました。

病院は地元で盲腸手術を行ったときにもお世話になった総合病院であり、私の祖父母も含めて数代にわたってお世話になっているところです。

単純ヘルペスの診断を受けたため、抗ウイルス薬の点滴静脈注射を行いました。

入院は15年振りであり、お見舞いに来てくれた家族や友人に触れないように家族側も理解した上で注意しました。

また、手洗いを小まめに行うことが求められ、性的な行為も裂けることが必要だと説明を受けました。

性的な関係を持つ相手がいないのでこの部分は注意するまでもなく済みました。

当初は2週間ほどと言われていましたが入院は1週間ほどで許されました。

個室なしで1週間ほどの入院費用は8万円強で済みました。

また、保険が適用になる部分も個室なしを選択した理由でした。

今回の単純ヘルペスによる1週間ほどの入院を経験して、考え方に変化が生まれました。

それはこれまでのように無理をせずにストレスを溜めないことを第一に考え、調子が悪い時は職場に伝えることを心がけながら現在の新しい職場で働いています。

トリキュラーEDが最安値で買える通販サイト