あまり女性であっても以外と知られていないPMS(月経前症候群)の症状で苦しまれている方は、私も知るまではとても辛くてなかなか周囲に理解されず、何が問題なのかすらも分からない時期がありました。
まず、そもそも生理というものは女性の月に1度の1番憂鬱なものです。そしていつ来るかもわからない時に、イライラも増えるので精神的にも気分が怒ったり泣いたり、その都度マイナス思考なつぶやきになったりしていると生理が来て何だか落ち着くという感じです。もちろん生理中も不安定ですが、月の半分がそんな精神面のコントロールが上手くできない人が多いのとネットやテレビでもこの症状が取り上げられるようになってから、自分はとてもこれに当てはまると思いました。
サプリメントでは更年期障害にも似ているので、「命の母」なども飲んでみましたが、不安な感じはどうすることもできません。検索して女性向けの外来が近くにあったので受診したところ、漢方薬で何種類かの飲み合わせるようなものでツムラからも市販でも発売されているような(名前は忘れましたが)ものも飲んでみましたが、半年経過しても生理は順調でも精神面がやはり不安定になるのは改善が難しく、この原因を自分なりに追求をするのがとても怖かったのですが、なりやすい性格のパターンに当てはまっていました。
心療内科へ行くことで問題の不安の緩和をするとともに、後は確実に原因になっているのは女性ホルモンを安定させることも必要ということで婦人科で低用量ピルを飲むことにより、確実に生理がいつ来るかを薬で強制的にリズムを作ることで自分の不安が少し軽減されました。
とても長い悩みの末に、ここまでようやく辿り着きましたが、私は医者と薬での治療で何とか向き合うことができました。ただ、これからもこの悩みはまだまだ続くものですが、自分がなりやすい性格だと把握したのならばそこを変えていくことができればさらに安定すると思います。

ホクナリンテープ楽天